『最後のパレード』オススメです♪

『最後のパレード』ディズニーランドで本当にあった心温まる話


こちらの本ですご存知ですか
画像


著者は、TDLの開業に携わり、パークのスーパーバイザーを15年間つとめた、中村克さんです。

「東京ディズニーランドのキャストだけが知っている、秘密のストーリーがあります。」

「パソコンの中には、ハードディスクという記憶装置がありますが、人の中には『はーとディスク』という記憶装置があると考えています。」


そんな「まえがき」の文章にあるとおり、本当にあった感動のお話が書かれています


最近、話題の本として紹介されていたので気になっていました


泣かずには読めない。読んだらほとんどの人が涙する・・・。そんな宣伝文句なのです。


書店でパラパラっとめくってみましたが、ヤバイ・・・もう、ジワっときた


「よーし泣こうじゃないかと思い、購入です


早速、寝る前に読み始めてしまいました


そこには、キャストやゲストの様々な思いが描かれていました。

苦しく、辛い思いを抱えながらパークへ行き、思ってもいなかった感動にめぐり合えたこと。

また、病気と戦いながら、念願だったパークに来れたことで、奇跡が生まれたり。。。

普段、なんでもないことが、素晴らしいことに見えてくるような感じなのです。



1度でもパークに行ったことのある人だったら、その情景は目に浮かぶと思います



読み始めてすぐ、涙ポロポロです・・・




実は、2年程前、母がランドの救護室にお世話になりました

急に血圧が上がって、ちょっと危険な状況になってしまいました。

そのときもすぐに、車椅子やベッドの手配をしてくださり、移動は車椅子ごと専用車でバックステージを通っていただきました。(ちょっとラッキーでしたけど)

近くの病院へ行くことを勧められましたが、本人の希望でそのまま自宅へ帰宅することにしました。

園外のタクシー乗り場まで、車でそろーりそろーりと、最後の最後まで気を使っていただきました。

翌日、母自ら、御礼のお電話をしていました。

今でもその時の話をすると、自分が具合が悪かったことなど忘れて、「すごかったねー。うれしかったねー。」と

辛かった経験が、感動話となっています


ディスニーマジック


そんな経験があるから、余計に入り込んで読んでしまいました


わたしには残念ながら、キャスト経験はありません。

そのかわり年パス持って、ゲストを満喫しております


なんか、優しい気持ちを思い出させてもらいました



ただ、一気に読んでしまった約1時間の間、何度も涙してしまいまして・・・

おかげ翌朝、お目目がぁ~・・・・ぼぉ~~~


読む時間帯と場所は、気をつけたほうがいいでしょうね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ななし
2009年05月02日 12:23
残念ながらこの本はかなり悪質な盗作本です。
書名で検索すれば詳細がわかると思います。

この記事へのトラックバック

  • ディズニー便り☆

    Excerpt: 最近、あんまりTDRに行ってない・・・以前と比べてですが。 Weblog: すきなものリスト racked: 2009-03-30 01:50